2011年6月3日金曜日

これはキテル

ウイグルのダプ奏者Abbos Kosimovと
インドのタブラの王様、ザキールフセインの競演!

動画はこちら

Abbos Kosimovのウェブサイト
http://www.abboskosimov.com/


しかし、圧倒的なダプのこの高音の細かさに対して、
やっぱり、タブラがぐぐっと入ってくるところが一番踊れるのは何故だろう。
(11:40くらいから見て、12:30あたりを注目してください)

タブラは高音の細かさや「歌」みたいなのと
低音のうねりを両方持っている。チャンゴもそうじゃないか。
としたら、チャンゴでも同じ役割ができるんじゃないだろうか。

カリマンさんのコムズ



芸大民族音楽ゼミ所属の、ウメトバエワ・カリマンさん(キルギス、コムズ奏者)。
中央アジアのジミヘンと言われる、曲芸のような弾き方を色々見せてくれます。
日本でキルギス音楽を実践されている超貴重な方です。
7月16日浜松楽器博物館にてコンサート予定
http://www.gakkihaku.jp/lecture/114komuz.html

This is Fantastic play of Umechan! Ms. Umetbaeva Kalyiman is a member of our ethnomusicology seminor of Tokyo Univ of the Arts. She is from Kyrgyz Republic and her major is Kyrgyz musical instrument called "Komuz". She is also called "Jimi Hendrix from central Asia" ! :)